Aperture

Apertureのバッジ(記号)一覧。

  Apertureの画像に小さく付いているバッジ(記号)が何なのかよく忘れるのでメモ。 一番目の調整ありの場合の記号は判りやすいですね。Aperture3では色々な画像補正ができます。調整をしても必ずもとに戻せるのがい…

Apertureの使い方 イメージの読み込みの注意点

Apertureで写真管理する時、読み込み時に注意しよう 写真をApertureに読み込む時にマスター(オリジナルファイル)をApertureライブラリに保存するか、またはライブラリではないハードドライブに保存するかを選…

Apertureで写真管理をする時に押さえておきたいコツ その1

  Macユーザーなら写真管理をする時、Aperture3の導入を考えるのが値段も手頃になっているのでおすすめです。iPhotoからの乗り換えも多いと聞きますしプロ向けだからと躊躇しないでぜひAperture3で写真管理…

iPhoneがカメラ代わりになって写真をスマートに管理するのが難しくなった?

  ギズモード・ジャパンの記事でニクシーさんのブログから米Gizmodoへ転載された、アップルへの問いかけと提案なんですがとても興味深いです。   前略アップル様、写真のことで話があります。   写真をすっきり管理したい…

Apertureの使い方 現像編 暗い画像を簡単に明るくする方法

Apertureは画像を管理するだけでなく自然な色合いで補正してくれるのでとても重宝しています。しかもアップルらしくとても簡単に画像補正できるのが特徴です。簡単に私が行っている画像修正の仕方を紹介します。まずはボタンを一…

どんなに暗い画像でもApertureなら自然な色合いに現像してくれる

  左がApertureで簡単に調整し現像した画像。右の調整前ではアンダーで本来のエメラルドグリーンの海とスカイブルーの空の色がでていない。Apertureで実際に見た印象と同じ色合いに調整するとこんなに印象が変わる。 …

Apertureの使い方 写真の名前を日時で一括変換する

私は現在MacのアプリApertureで画像管理していますが日々たまる大量の画像の管理はルール付けをしないとめちゃくちゃになってしまいます。色々試してみて現在は時系列で画像の保存をしています。そこでApertureで写真…

Aperture3の使い方 画像管理をしよう

Apertureはデジタル写真(RAW画像)の管理・編集するソフトでiPhotoがコンシューマ向けでApertureはより上級者・プロ向けのデジタル写真処理・管理ソフトという位置づけです。だけど発売当時50,000円以上…