OneDriveがマック版も「ファイルオンデマンド」に対応して使い勝手一番のクラウドストレージに!

Onedrive Mac

OneDriveはマイクロソフトのオンラインストレージサービス。Office Solo 365に加入していれば1TB分が利用できます。

そのMac版のOneDriveが待望のファイルオンデマンドに対応しました。Windows10では2017年にすでに実装されていましたが今年はじめにMac版もロールアウトとなりました。

 

ファイルオンデマンドとは、クラウドストレージに置かれたファイルを必要なときにデバイスにダウンロードする機能のこと。

これなら容量の少ないノートパソコンなどローカルにファイルを置く必要がないため、すぐ容量がいっぱいになってしまうということが避けられます。
クラウドストレージがただバックアップ用ではなくパソコンのストレージとしても活用出来ることになるのです。

 

サブスクリプション型のOffice Solo 365を使用しているのであればもれなくこの機能がついてくるのでOfficeアプリが必要なら他のクラウドストレージサービスはいらないぐらいです。

 

ぼくは仮想OSではなくBootCampMac OSWindows10を再起動して使い分けているのでOneDriveでファイルの共有がとても楽になりました。

1TBととても付帯サービスとは思えないほどの大きな容量が貰えるのでフリーで使用していたDropBoxやBoxは使用頻度が落ちそうです。

iCloudはiOSとの親和性が捨てがたいので50Gで契約してますけど。

 

BootCampMacBook ProWindows10を使えるようにして、さらにファイルオンデマンドが可能になったOneDriveがあればMacとWindowsが1台のMacBook Proで便利に使えます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)