RECENT ARTICLES

アップルデジタル雑誌読み放題サービス「Texture」を買収。電子書籍も定額制へ移行か。

Apple.com あまり大きなニュースにはなっていませんが、アップルがデジタル雑誌読み放題サービス「Texture」を買収したと報じられました。 iTunes Storeの音楽は単体売りから定額制聴き放題サービスのAp…

ニコンD3400と一緒に買いたいおすすめレンズ3選

ニコンD3400は一眼レフカメラのエントリーモデルです。今回は持ち運びが楽なコンパクトタイプとインスタ映えしそうな画像を取ることの出来るD3400と一緒に欲しいおすすめレンズを紹介します。  TAMRON 高倍率ズームレ…

Bang&Olufsen ワイヤレスヘッドホン BeoPlay H8 購入!

Bang&Olufsenの「B&O PLAY Beoplay H8」を購入しました。ノイズキャンセル機能を搭載したワイヤレスヘッドホンです。後継機H9が発売されて少し価格が下がってきたので思い切って購入!…

超広角レンズの魅力。木々&建物編。

京都で撮った超広角レンズの作例Nikon D5300Sigma 10.0-20.0 f/4.6-5.6 ズームレンズ、単焦点レンズと色々レンズの種類はあるけど、やっぱり大好きなのは超広角レンズです。 今回は超広角レン…

ワイヤレスイヤホン サウンドピーツ Q30購入 iPhone向けではないが素晴らしいコスパ

Amazonの高評価につられて購入したワイヤレスイヤホン、サウンドピーツQ30。 ワイヤレスのBluetooth(ブルートゥース)のコーデックについて良くわかってなかったためiPhoneでワイヤレスで聴くには必須のコーデ…

iPhoneでワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを買うときは「AAC」と「apt-X」のコーデックの違いに注意

ワイヤレスでiPhoneで音楽を聴くにはBluetoothコーデックに注意! iPhone7からヘッドホンジャックが無くなって、持っているイヤホンやヘッドホンがアダプタなしで接続出来なくなって随分経ちます。 最近新しく発…

平安京の遺構、東寺。日本で初めての密教寺院。京都巡り、その15

平安京遷都の2年後の796年に国家鎮護のために創建された教王護国寺。都の南の入り口、羅城門の東に建てられたことから通称、東寺と言われています。 この寺院は唐で密教を学んだ弘法大師空海に委ねられます。 △南大門からみた金堂…

ジブリの森みたいと言われる「濃溝の滝」「亀岩の洞窟」に行ってきました。

  ジブリの森みたいだと話題の千葉県の君津の清水渓流広場の「濃溝の滝」と「亀岩の洞窟」に行ってきました。 ちょうど東京湾アクアラインで君津方面に行き房総スカイライン→鴨川有料道路→鴨川シーワールドと遊びに行く途中にありま…

新選組ゆかり地、壬生へ。京都巡り、その14。

まずは光縁寺へ。新選組副長の山南敬助や数名の隊士のお墓がここ、光縁寺にあります。山南家の家紋とお寺の家紋が一緒だったことから生前、親しかったとも言われています。山南敬助といえば2004年の大河ドラマ「新選組!」の堺雅人が…

京都 祇園切通しの石畳の京町家を歩く。 京都巡り、その13。

祇園は京都の古い町並みを今に伝えている場所がおおくあります。花見小路通りや縄手通りが有名ですね。今回は「祇園 切り通し」を歩いてみました。 「祇園 切り通し」は祇園の通りで有名な通りのひとつです。 古都、京都の面影を残す…

夕暮れ時の新江ノ島水族館を楽しむ。

新江ノ島水族館に久しぶりに行ってきました。千葉の南房総の鴨川シーワールド、沖縄の美ら海水族館と新江ノ島水族館は何度も行っている好きな水族館です。 今回は4時過ぎに行ってきました。平日だったのでイルカのショーは終了していま…

ブラタモリで発見!タモリさんは「プロトレックPRG-300」を使用している!

ブラタモリ NHK公式ホームページ NHKの「ブラタモリ」、皆さん見てますか?ぼくが大好きな番組なんです。 「ブラタモリ」とは日本各地の街、名所に行き地質学的な観点からその発展の成り立ちを読み解く番組です。 地質に造詣が…

おすすめシンプルなGショック「G-STEEL(Gスチール)」のNewモデル「GST-W300-1AJF」を購入しました。

累計一億台販売したとニュースになっていたGショック。 「G-STEEL(Gスチール)」のNewモデル「GST-W300-1AJF」を購入しました。 Gスチールの新作は前モデルより90%サイズダウンして小型、薄型化されたミ…

幕末、時代の中心だった京都御所へ。蛤御門から。京都巡り、その12。

現在、京都御所は緑の多い清潔な広大な敷地にあり市民の憩いの場所になっています。 幕末はこの京都御所を中心に志士達が命をかけて日本の未来のために行動していました。長州藩のクーデーター1864年の「蛤御門の変」で激戦地になっ…